消化器系に起こる症状

お腹を押える女性

心身症になるとどんな症状が起きるのかを知っておくと健康対策ができます。心身症は身体に起きる不具合が社会的、環境的要因によっておこる病気です。そのため、身体にはなんら原因がみられないのです。そうなると「ただの風邪」、「原因不明の腹痛」ということで、とりあえず対処療法として薬を出されることになります。しかし、その対処方法では根本的な解決にはなりません。問題を解決に導くためにはその原因となっているものを取り除くか、それに対処できるような心と身体を作り上げる必要があります。まずは心身症とは何か、その症状を知ることで、今悩んでいる症状が、心が受けているストレスからくるものなのでではないかと考えるべきです。

心身症の症状は胃にも現れます。緊張するとお腹が痛くなり下痢や便秘が起こってしまうということは誰しもが経験するものです。その症状が常態化してしまっている人もいるのです。過敏性腸症候群というものがありますが、これはストレスによって引き起こされるものでもあります。つまり心身症によって過敏性腸症候群が起こる可能性も高いのです。腸は第二の脳といわれる部分で、体調だけでなく心の状態にも大きく影響します。ストレス耐性が弱い人は胃腸に影響がきてしまい、胃潰瘍や過敏性腸症候群になってしまいます。これが消化器系に現れる心身症の症状です。他にも十二指腸に潰瘍ができることもあります。潰瘍は胃にあるピロリ菌や食事によって引き起こされることもあるので、薬を飲めばすぐに治ります。しかし、どんなに胃薬や潰瘍に対策する薬を飲んだとしても、ストレスが取り除かれなければ消化器系心身症の解消にはなりません。

消化器系といえば栄養を吸収するために働く食道や胃、小腸、大腸があります。消化器系の心身症が現れた場合、ここに影響が出てきます。わかりやすいのが便通の症状となりますが、初期の症状としてはお腹にガスが溜まって張ってしまうということ、その結果ゲップやおならが出てしまうことなどがあります。