心を健康に保つ生活を。

新着記事

心と身体を治療する

頭を指差す男性

精神的な病気があるのなら精神科へ、精神の影響が身体に出ているのであれば心療内科を受診します。心身症は心と身体の疾患を表すもので、このため心療内科の守備範囲だといえます。

More...

消化器系に起こる症状

お腹を押える女性

胃腸に起こるトラブルはストレスが原因となっていることがあります。消化器系の症状が中心に出てくるタイプの心身症もありますので、その症状を知り、色んな視点で病気を検討することが大事です。

More...

身体に影響する心の状態

マスクをしている女性

お腹が痛い、頭が痛い、そんなときに病院にいっても「原因不明」といわれた経験は誰しもがもっています。長年に渡りそんな症状が起こっている、それにも関わらず原因が分からないという場合は心身症を疑う必要があります。ストレスが体調不良の原因となっている場合に身体的な対策しても、なんの解決にもなりません。身体を詳しく調べて何の異常も無い場合はそれを放置せず、心療内科で心身症の検査をしてみてください。心身症は気づかずにいつの間にか症状を悪化させている場合もあるので、そうなってしまえばうつ病を発症する危険性もあります。甚大な被害を引き起こさないようにするためには、身体的な検査も大事ですが心の検査も必要だということを忘れてはいけません。

心身症は呼吸器系や循環器系、消化器系にあらゆる症状をもたらします。ある状況下に置かれると身体にいままでそんな症状が無かったにも関わらず、高血圧になってしまったり喘息を引き起こしたりしてしまうのです。胃痛や下痢、便秘は緊張やストレスが引き起こす心身症の症状としては代表的な例となります。その他にもじんましんや頭痛などがありますので、心身症はあらゆる症状を引き起こすと考えた方が良いです。過敏性腸症候群や過呼吸を引き起こす人のために専門の外来が設けられている場合もあるので、症状に合わせて活用するべきです。中にはストレス外来というものもあり、ストレスの原因を探り、耐性を築きあげていくための対策をとってくれるクリニックもあります。

これらの症状になりやすい人の特徴として、感情を表に出しにくい人があげられます。感情を表すことは弱みを見せることなので、社会人は簡単に気持ちを表に出すことは控えなければならない、という「常識」があります。これがベースになっている世の中では、何か感じたことがあるとしても防御反応で失感情の状態に陥ってしまう人がいるのです。そうなっても表向きでは対処できているように思えますが、脳の中では反応が抑えられていることになるので、行き場がなくなってしまいます。そのため、ストレスが解消できずに身体に異常が生じてしまうのです。

ピックアップ

呼吸器系に問題

男性医師と女性医師

気管支喘息や過呼吸は血液のPH濃度を崩す恐れがあります。身体の中に酸素や二酸化炭素が足りなくなってしまうこの危険な症状を引き起こすのは心身症が原因ともなっているのです。

More...

胸の痛みが表すもの

胸を押える人

循環器系の病気は遺伝的なものもあれば心身症がかかわっている症状もあります。酸素や栄養を巡らせるためにはとても重要な器官なので、正しい対策をしなければなりません。そのためには原因を見極める必要があります。

More...

服薬とカウンセリング

薬を差し出す男性

心身症の治療方法といえば服薬とカウンセリングがあります。薬を飲んで身体的な症状を治す必要もありますが、大事なのは根本的な原因を取り除くことです。ストレスの要因となるものに対策できる身体にしましょう。

More...